このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

芸術・スポーツ

芸術・スポーツ
前ページ 1 2 次ページ
梅雨の過ごし方(6月)
ジメジメ・ムシムシとしている梅雨の時期。雨が続くと、外出をするのも億劫になってしまいますよね。 そんな時こそ気分を変えて、この季節を楽しく過ごせるように、ほんの少し工夫をしてみませんか? 梅雨を上手に乗り切って、もうすぐやってく...
愛をかたる(2月)
2月のメインイベントの1つ、バレンタイン。一喜一憂した方もいたのでは? 近年はチョコレートの祭典のような様相もありますが、本来は愛を誓うもの。愛をかたるなんて、気恥ずかしいけれど、せっかくの機会です。「愛」について考えを深めてみません...
さようなら平成、次の時代へ(12月)
いよいよ平成31年4月をもって『平成』という時代が終わります。 日本人にとって「元号が変わる」=新しい時代の幕開けを意味するのではないでしょうか。30年と4か月という長い歴史を刻んだ『平成』という時代が終わろうとしている今、少し過去を振...
平成という時代(11月)
「平成」という元号にも慣れ、ついこの間始まったかなと思いきや、平成元年に生まれた人も来年はもう30歳。来年には、新しい元号が決まり、新しい時代が始まります。どんな元号に決まっても、初めはなかなか聞きなれない、書き慣れない事でしょう。今月は「...
怖い話(8月)
夏といえば、「怪談」。 でも、定番のものは古臭かったり、子どもっぽかったり。新しいものでも暗すぎたり、重すぎたりして、正直食傷気味、という方も多いのでは? そこで今回は趣向を変えて、サクサク読める「怖い話」のアンソロジー(選集)を紹介い...
2018サッカーワールドカップと開催国ロシア(6月②)
4年に1度のサッカーワールドカップが、ついにロシアで開幕しました。ぜひ、日本代表には良い結果を残していただきたいです! ところで普段はサッカーにあまり関心がなくても、ワールドカップは見る・応援するという方も多いのではないでしょうか?私...
平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック(2月)
韓国・平昌(ピョンチャン)で開催されるオリンピック・パラリンピック冬季競技大会。日本代表選手が日頃の練習の成果を存分に発揮できるといいですね。今回はウィンタースポーツ花形競技のフィギュアスケート、ニュースにもなった大田区の町工場が開発してい...
相撲(7月)
7月9日に大相撲名古屋場所が幕を開けました。優勝を目指す力士たちの取り組みに、熱い声援を送っている方も多いことでしょう。このところの相撲人気で、新聞やテレビでも相撲に関する話題が豊富ですが、熱い場所から少し離れて、お相撲さんを眺めてみるのは...
本のある広場(3月)
2015年の夏に、こんなツイートが話題になりました。 「学校が始まるのが死ぬほどつらい子は、学校を休んで図書館へいらっしゃい。」 たとえば公共図書館が、追いつめられた人、行き場のない人の避難所となることがあります。とくに公共空間の民営...
見る目が変わる本(2月)
本を読むと、あらかじめ知りたいと思っていたことだけでなく、それ以上を手に入れられることがあります。題名からは想像できなかった内容に触れて予想外の読後感を得たり、新たな視点や視座を与えられて馴染みの世界を全く異なる知見から見渡すことができたり...
仕事のミカタ
4月から新社会人になった人や、新しい職場で働き始めた人たちも、そろそろ仕事に慣れてきたころでしょうか?まずは目前の仕事に取り組むことが大切ですが、ときには全く別の角度から仕事のことを考えてみてはいかがでしょう。 他の職種や、別の場所・...
志は高く!
4月。新しい場所での日々が始まる。スタート地点はさまざまで、希望と違うこともあるだろう。どんなところでも、他の人から学ぶという心を持ち、一生懸命に行うことは、未来の自分にきっとつながる。志は高く! 補欠選手はなぜ金メダルを取れたのか-...
冬の楽しみ
今年の冬も寒い日が続いていますね。暖かい春が待ち遠しいですが、寒いからこそ、お家の中で取り組んでみたいあれこれを取り揃えました。部屋を暖かくして、お楽しみ下さい。 ジャムとお菓子 荻野恭子 講談社 2012.4 ...
暑い夏も終わり、ようやく過しやすい季節がやってきました。どのような秋をお過ごしでしょうか。芸術の秋、食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋?秋におすすめの3冊を紹介します。 上野公園へ行こう 歴史&アート探検 浦井正明/著 岩波書店...
夏の思い出
今年の夏も暑いですが、もううんざり、なんて思っていませんか? でも、夏だからこそできる体験があるんです。 すてきな夏の思い出を作れそうな本を紹介します。 かのこちゃんとマドレーヌ夫人 万城目学/著 角川書店...
音楽の誕生にまつわる
人はある程度年齢を重ねると、いつしか自分の起源を知りたくなり、家系図などを調べ始めるという話をよく聞きます。何事もその始まりにあっては、驚くような偶然や必然によって生まれた、結節や分岐がひそんでいるものです。ここでは音楽という分類に焦点を絞...
Let’s CYCLING!!
90年振りに雪が降った4月から一転、出掛けたくなるような陽気の続く季節になりました。 澄んだ青空、気持ちのいい風……ちょっと汗をかくにはもってこい!な休日、自転車に乗って遠出してみませんか? 普段、通勤通学・お買い物など...
「福」をまねく
人はだれしも幸福を願うものですが、「幸」と「福」は全く同じ意味ではありません。どちらもさいわい・しあわせの意味がありますが、「幸」はまず僥倖(ぎょうこう)の意で用いられ、思いがけないしあわせ・幸運を表していました。一方、「福」は元もと神様に...
「観てから読むか、読んでから観るか」
師走に入りなんとなく忙しさを感じながら、ゆく年と来る年のことを思う日々です。年賀状の準備や大掃除、年越しそばに、おせち料理、初詣と続いている日本の文化を体感する時期でもあります。そんな師走から睦月にかけて、読んでから観て更に世界を広げるか、...
本が奏でる「音」の世界
今月の大人のサプリのテーマは「音」。このテーマは、先日11月16日(日曜日)に荒川図書館で開催した大人のためのおはなし会とリンクしています。大人のためのおはなし会では「音や楽器が浮かんでくるおはなし」を集めて語られ好評を得ましたので、こちら...
前ページ 1 2 次ページ