このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

言語・文学

言語・文学
愛をかたる(2月)
2月のメインイベントの1つ、バレンタイン。一喜一憂した方もいたのでは? 近年はチョコレートの祭典のような様相もありますが、本来は愛を誓うもの。愛をかたるなんて、気恥ずかしいけれど、せっかくの機会です。「愛」について考えを深めてみません...
怖い話(8月)
夏といえば、「怪談」。 でも、定番のものは古臭かったり、子どもっぽかったり。新しいものでも暗すぎたり、重すぎたりして、正直食傷気味、という方も多いのでは? そこで今回は趣向を変えて、サクサク読める「怖い話」のアンソロジー(選集)を紹介い...
平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック(2月)
韓国・平昌(ピョンチャン)で開催されるオリンピック・パラリンピック冬季競技大会。日本代表選手が日頃の練習の成果を存分に発揮できるといいですね。今回はウィンタースポーツ花形競技のフィギュアスケート、ニュースにもなった大田区の町工場が開発してい...
さまざまなことば(1月)
1月12日、広辞苑の第7版が発売されました。2008年以来10年ぶりの改版となります。この間、『舟を編む』のヒットによって(著者の三浦しおん氏は今回の付録を執筆しています)、辞書の編纂という特殊な現場は以前よりも身近になったのではないでしょ...
つながること、結ばれることの幸せ(5月)
お気に入りの1冊に出会えた時はうれしい。同様に、お気に入りの1冊を誰かと話すときもまたうれしい。本は人を呼び寄せるだけでなく、人と人をつなぐ力も持っている。「ゆいの森」にはそんな意味が込められているのかな、と空想しつつ、また新たな1冊と向き...
快適に過ごす
体温に迫るような予想気温も、少し前まではびっくりしていたが、今はもう日常である。湿度が高いせいか、洗濯物の乾きもいまひとつのように思える。熱中症にならないよう、水分補給を心がけ、室内ではクーラーをかける、のである。 節約や我慢では...
~ゆく年くる年~
慌ただしい師走を過ぎると、気付けばあっという間にお正月。過ぎたことは忘れ、新鮮な気持ちで新年を迎えるためにも 年末年始はゆったりと読書を楽しんでみてはいかがでしょうか。 今回は年末年始におすすめの本を3冊ご紹介します。 ...
夏の思い出
今年の夏も暑いですが、もううんざり、なんて思っていませんか? でも、夏だからこそできる体験があるんです。 すてきな夏の思い出を作れそうな本を紹介します。 かのこちゃんとマドレーヌ夫人 万城目学/著 角川書店...
秋といえば
暑さも遠のいて、ホッとひと息。心地よい風が吹いてきました。 何かに熱中したい。本をお供に、夜更かししたい。 至福のときを過ごしてみませんか。 忙しい年の瀬もすぐそこ。秋の読書計画、スタートです。 ファイブ 平山...
図書館で、快適ビジネスライフ
荒川区立図書館ではビジネスに関係する本、雑誌を多数ご用意しています。また、図書館員によるおすすめビジネス書紹介チラシ(BP)も発行しています。南千住図書館では荒川区創業支援相談員のおすすめビジネス書を紹介したコーナーもございます。 ...