このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

2011年

2011年
開け、化学の扉。
「化学」って何だか意味不明な言葉の羅列で難解すぎるって思ったこと、ありませんか? 大人になった今でも、化学式とか構造式とか……やっぱりなかなか頭に入ってこない。化学の知識が無くても、日々の生活に影響なんてないしなぁ。でも時々だけど...
読む栄養
急に空気が冷たくなってきた季節の変わり目、ちょっぴり疲れがたまっていませんか。 そんな時はゆっくり本を味わって心の栄養補給。充電完了したから何か始めてみようかな、そんな気分になれる本をご紹介します。 いのちのごはん-食べるだけで幸せに...
電子と遺伝子の時代を生きる
電子マネー、電子辞書などデジタル技術が日常生活に溶け込んで久しい。一方、遺伝子組み換え食品、DNA鑑定、クローン動物など遺伝子やDNAと呼ばれるものが社会との接点を強めている。それらのテクノロジーは人々の創作意欲を刺激するのか、作家ウィリア...
本の味わい、読書の醍醐味
読書と食事は似ていると思う。 一度味わってみないと美味しいか不味いかわからない。 腑に落ちて、消化して、はじめて自分のものになる。 涼しい季節におすすめの、読むとお腹が空いてくる本を選んでみました。 巴里の空の下オム...
奇跡に触れよう!
辞書を引いてみたら、“奇跡”とは「ありそうもない、ふしぎなできごと」とありました。 これは神のなせる業かと思いきや、実は人のたゆまぬ努力や強い信念によって生まれ、大きな感動を呼ぶことがしばしばあるものです。今回は、苦難や困難、先入観を...
節電の夏を乗り切ろう!
節電が求められる、今年の夏。 緑のカーテンを設置して、冷たいものを食べ、家でのんびり本を読んで過ごすもよし。 いっそ海や山へお出かけして、夏を満喫するもよし。 暑い夏を知恵と工夫で乗り切りましょう! 海の...
再発見!東京の魅力。
「東京」と聞いて、何を想像しますか?たくさんの人?高層ビル?通勤電車?普段何気なく生活している私たちの都市、「東京」も、ちょっと視点を変えればいろいろな風景が見えてきます。日々の忙しさからちょっと離れ、「東京」を観察してみませんか?おいしい...
晴れの日も、雨の日も、ピクニックはいかがですか?
外出するのに気持ちのいい季節になりました。この季節にぴったりなこと……それはピクニック!おいしい食べもの&飲みものを持って、歩きやすい靴をはいて、もちろん本は忘れずに。 くちぶえサンドイッチ 松浦弥太郎/著 集英社 2008...
まちの記憶を探しに行こう
いわゆる下町と呼ばれてきた荒川区も、再開発が進みひと昔前とくらべてずいぶん様変わりしてきました。ふだん何気なく見ている街の風景も、子どもの頃からかなり変化しているのではないでしょうか。 それでもまだまだ区内では、いたるところに江戸...
今年の冬は読書で寒さ対策!?
  まだまだ寒さ厳しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。今回は簡単に暖かくなる方法をご紹介します。それは…もちろん読書ですね!本を片手にいつでもどこでも気軽に寒さ対策をしてみませんか。ほっとする時、熱くなれる瞬間、幸せな空気…読むだけで...