このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS

科学・技術

科学・技術
前ページ 1 次ページ
さようなら平成、次の時代へ(12月)
いよいよ平成31年4月をもって『平成』という時代が終わります。 日本人にとって「元号が変わる」=新しい時代の幕開けを意味するのではないでしょうか。30年と4か月という長い歴史を刻んだ『平成』という時代が終わろうとしている今、少し過去を振...
海の生き物 見る・知る・食べる(7月)
海の日を含む三連休、海水浴に出かける人も多いでしょうね。ちなみに「海の日」は、「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」ことを趣旨としているそうです。海に囲まれた国・日本にとって、海といかに関わり、そこに住む生き物とどう付き合っ...
うまれる。(4月)
春。万物の誕生の季節。歳時記をひもといてみれば、「猫の子」「雀の子」「蠅生る」「木の芽」「草の芽」「水草生ふ」……実にさまざまなものが春に生まれています。 荒川区立図書館も、新年度のスタートとともに生まれ変わった気持ちで、ますます皆様...
平昌2018冬季オリンピック・パラリンピック(2月)
韓国・平昌(ピョンチャン)で開催されるオリンピック・パラリンピック冬季競技大会。日本代表選手が日頃の練習の成果を存分に発揮できるといいですね。今回はウィンタースポーツ花形競技のフィギュアスケート、ニュースにもなった大田区の町工場が開発してい...
一年の終わりに(12月)
今年も残りわずかになりました。日本のあちらこちらで、新年を迎えるための準備が進められていることでしょう。来年の干支は戌。「イヌ」は昔から人に仕え家の番をしたり、猟に協力したりしています。人間に寄り添い助ける存在として、日本の神話や昔話にも多...
いきもの(11月)
11月になって南千住図書館ではイモリを飼い始めました。イモリの語源は「イ(井)+モリ(守り)」。井戸、泉を守るものという意味だそうです。 南千住図書館に動物ブーム到来!?お立ち寄りの際には、ぜひ2階児童フロアに会いに来てください。 今回...
健康な体づくり
新年を迎え、「体質改善」「食生活の見直し」を考えている方も多いのではないでしょうか。病気をしないためには、日々の小さな心がけがとても大切です。 このごろは、さまざまな健康法がテレビや雑誌で紹介されていますが、こちらでも、ちょっとし...
~ゆく年くる年~
慌ただしい師走を過ぎると、気付けばあっという間にお正月。過ぎたことは忘れ、新鮮な気持ちで新年を迎えるためにも 年末年始はゆったりと読書を楽しんでみてはいかがでしょうか。 今回は年末年始におすすめの本を3冊ご紹介します。 ...
楽しい冬ごもり
紅葉狩りへ行ったり、栗や柿などのおいしいものを食べたり、最近はハロウィンも盛り上がったりで、今年の秋は「そと」で過ごす方も多かったのではないでしょうか? さて、季節はそろそろ冬。まだまだアクティブな方もいるかもしれませんが、ここは...
カラダを巡る旅に出よう
夏休み、旅行シーズン到来ですね。でも暑すぎて出かけたくない!そんな時は涼しい室内で、読書旅行はいかがでしょう。 身近なのによく分からない、私たちのカラダ。日常を離れて、いつもと違う視点でカラダを眺めるための本をご紹介します。 美...
懐かしいもの・古いもの
もうすぐ春、新しい生活への第一歩を踏み出す人が多い季節ですそんな季節だからこそ、あえて過去にも目を向けてみませんか? そこには、古き良き時代、古き良き物、懐かしいものたちが新たな出会いを求めてあなたを待っています 先人た...
「福」をまねく
人はだれしも幸福を願うものですが、「幸」と「福」は全く同じ意味ではありません。どちらもさいわい・しあわせの意味がありますが、「幸」はまず僥倖(ぎょうこう)の意で用いられ、思いがけないしあわせ・幸運を表していました。一方、「福」は元もと神様に...
「つき」のはなし
朝晩は涼しい風が吹き、だいぶ過ごしやすくなってきました。空が澄みわたり、お月さまが明るく美しい季節でもあります。 月とすっぽん、ツキが回る、運のつき、憑き物が落ちる等々、同じ「つき」でも日本語には色々な言い回しがありますね。 今...
グッスリ Good Sleep!
生きとし生けるもの全てに眠りと目覚めのサイクルは訪れます。誰に教わる訳でもなく誰もが当たり前に“眠ること”を知っているけれど、心配事、気がかり、不安、様々なストレスにさらされて睡眠が妨げられることも珍しくはありません。健やかな精神にも健康的...
前ページ 1 次ページ