このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップ > NATURE 世界は驚きに満ちている①

NATURE 世界は驚きに満ちている①

せいめいのれきし 改訂版 -地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし-

バージニア・リー・バートン/文・絵   いしいももこ/訳  まなべまこと/監修  岩波書店

せいめいのれきし生命が生まれてからこれまでの、気の遠くなるような時間を、舞台仕立てで解説している絵本です。命はつながっているんだなって、生きていることが愛おしくなるかも。



 

深読み!絵本『せいめいのれきし』

真鍋真/著  岩波書店

深読み絵本せいめいのれきし絵本『せいめいのれきし 改訂版』の監修者・真鍋真さんが、絵本の内容を深く掘り下げます。絵本の出版から50年、新たな発見についても触れられています。






 

群れ

蝦名元/監修  パンダ舎/編  株式会社カンゼン

群れ生き物が群れを成している姿を、これでもかっ!! という程紹介。小さな個体が巨大な生物を形成している姿は圧巻。その表情をよーく観察すると、同じようで違って見える??






 

ボノボとともに -密林の闇をこえて-

エリオット・シュレーファー/作  ふなとよし子/訳  福音館書店

ボノボとともに政情不安定なコンゴで、14歳のソフィーは小さなボノボ(類人猿の一種)と出会う。オットーと名付けられたボノボとソフィーは、あることをきっかけに密林の中へ逃げ込むことに……。






 

野生動物カメラマン

岩合光昭/著  集英社

野生動物カメラマン厳しく危険だけど魅力あふれる野生動物の世界を、写真家・岩合光昭さんが写真とともに語ります。彼独自の動物との付き合い方があってこそ、動物たちはありのままの姿を見せてくれるのです。







 

ふつうじゃない生きものの見つけかた  -その道のプロに聞く-

松橋利光/著  大和書房

生きものの見つけかた 身近なものから海外のものまで、生きものを発見できるコツを紹介。荒川区では、準絶滅危惧種のアオダイショウなどのレアものも確認されています。この本をきっかけに生物ハンターを目指してみる!?






 

生きものの持ちかた  -その道のプロに聞く-

松橋利光/著  大和書房

生きものの持ち方その持ち方、意外と危険で苦しい思いをさせているかも。プロが人にも生き物にもやさしいテクニックを伝授。是非とも実際に触れてみて、生き物の鼓動を感じ取って欲しい本。






 

自然と生きもののねだん  いくらかな?社会がみえるねだんのはなし 1

藤田千枝/編  新美景子/著  大月書店

ねだんのはなし1 動物園のキリン1頭4000万円、ライオンは45万円!? 富士山の入山料は1000円だけど、エベレストは120万円!!  どうしてその値段になるの? 自然と生き物の値段から世の中の仕組みが見えてきます。






 

寿命図鑑  -生き物から宇宙まで万物の寿命をあつめた図鑑-

やまぐちかおり/絵  いろは出版/編著  いろは出版

寿命図鑑どんな物にも必ずある命の終わり。かわいいイラスト付きで様々なものの寿命を紹介しています。もやしは1日、太陽なら100億年!  いろんなものの寿命を調べてみてね。





 

からだ事件簿  -楽しくわかる!体のしくみ-

坂井建雄/監修  德永明子/イラスト  澤田憲/文  ダイヤモンド社

  からだ事件簿体の中では常に何か事件が起きている!?  私たちの体の「なぜ?」や「困った!」を、からだ探偵と楽しいキャラクターたちがわかりやすく解き明かしてくれます。


掲載日 平成30年4月16日 更新日 平成30年4月16日