このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
トップよくある質問> 貸出・返却

貸出・返却

Q1.本やCDは何点借りられますか。
A.本・雑誌は合わせて30冊まで15日間
  CD・カセットテープは5点まで15日間
  DVD・ビデオは2点まで8日間
  カセットテープ・ビデオテープ・DVDは南千住図書館に所蔵しています。
Q2.保存庫にある資料も借りられますか。
A.配架場所が「南4F保存」(南千住図書館4階に保存庫があります)や「半開架」(各図書館のカウンター奥や事務室を指します)の資料も、通常の資料と同じように借りることができます。ただし禁帯資料については、館内閲覧のみとなります。
Q3.雑誌の最新号は借りられないのですか。
A.雑誌の最新号は貸出できませんので、館内で閲覧してください。
  ただし、予約は最新号でも可能です。次号が出たら貸出を開始します。
Q4.荒川区の別の図書館にある本を近くの図書館に取り寄せてもらえますか。
A.ご希望の図書館に取り寄せることが可能です。予約の申し込みをしてください。
  なお、配送のため取り寄せには1~2日ほどかかります。
  詳しい予約の方法は利用案内の予約サービスをご覧ください。
Q5.今借りている本の書名や返却期限を確認したいのですが。
A.ホームページの「利用者メニュー」から確認できます。ただし、「利用者メニュー」などのインターネットサービスを利用するには、パスワードの登録が必要となります。
  パスワード登録の方法は利用案内のパスワード登録についてをご覧ください。
Q6.カードを忘れてしまったのですが、借りられますか。
A.カウンターで常備している登録確認票に、住所とお名前、電話番号をご記入ください。ご本人確認が済み次第、資料の貸出が可能となります。無線LANコーナー、学習席の利用も同様です。
Q7.借りた図書館とは別の図書館で本やCDを返すことはできますか。
A.荒川区内の図書館であれば、借りた館とは別の図書館に返却することができます。
Q8.図書館がお休みの日も返却することはできますか。
A.図書館がお休みのときは返却ポストをご利用ください。各館の入り口付近に設置しています。AV資料(CD、カセットテープ、DVD、ビデオテープ)は壊れやすいので、ブックポストには入れず、開館時間にカウンターまでお持ちください。
Q9.貸出期間を延長できますか。
A.予約が入っていない場合に限り、1回のみ延長可能です。
  延長期間は、延長申込の日から15日間です。
  延長ができるのは図書・雑誌のみです。
  他区からの借用資料、およびAV資料は延長ができません。 また、返却期限が過ぎていると延長できませんので、期限内に延長申請をしてください。
  延長はカウンター、お電話で受付けているほか、利用者用端末、インターネットの利用者メニューからも可能です。
  予約が入っている資料について、再度ご利用を希望される場合は、一度返却してから、改めて予約を入れてください。
Q10.返却期限が過ぎた場合、利用はどうなりますか。
A.一定期間延滞が続くと、延滞の資料を全てお返しいただくまで新たな貸出・予約ができなくなります。
Q11.借りた資料を汚してしまいました。紛失してしまいました。
A.汚損・破損した資料は、そのままの状態でなるべく早くお持ちになり、カウンターでお申し出ください。
  資料の紛失や、汚破損により以後の利用に支障がでる場合は、同一又は相当の資料で弁償していただくことになります。また、相互貸借により他区の図書館から借用した資料については、借用先の図書館からの指示によります。
  弁償の判断が難しい場合は、複数の職員が資料の状態を確認し、客観的に判断します。
  なお、ビデオ・DVDは、図書館での使用を承認された映像資料であり、市販品の数倍の価格になる場合がありますので、ご注意ください。
Q12.資料を返したはずなのに督促連絡がきてしまいました。
A.ご自宅に資料がないか、いま一度ご確認いただき、ご利用の図書館にご連絡ください。
  図書館の電話番号は図書館案内のページをご覧ください。

掲載日 平成28年8月19日 更新日 平成30年11月23日